兵庫の名産 100年後

兵庫の名産の100年後についてかんがえたいとおもいます。そもそも名産の100年後から皆さんは何を連想されますでしょうか。僕は、名産という概念が変わっているのではないかと感じています。名産が100年には名産でなくなっていることも考えられます。つまり、どこでも同じようなももをつくれる技術ができてしまえば、名産という考えはなくなるでしょうしかしながら、日本はその名産というものに地域の発展を結びつけており、そういったこころみより、100年後の未来も、いまとからぬ名産がそんざいしているかもしれません。例えば兵庫の名産でなにを連想されますでしょうか。私は 但馬牛だったりします。とても美味しい和牛ですよね。100年後そのブランドがなくなっていることはないでしょうまた、そのブランドがさらに発展している可能性もあります。私はそいうたブランドをどのようにしてこうせに残していくかということを考えなくてななりません。その次代その時代で名産やブランドはかわるでしょう。しかし本質はかわることはないとおもいます。人が生きていく上でのぶらんどであったり名産というものは、発展していくことでいまよりも残すことができるのではないでしょうか。そんな、兵庫の名産を100年後ににものこせていけるといいですよね。私はそいう名産品をいつまでものこせていければとおもいます。