兵庫の名産 鯛

明石といえばあれですよね鯛そう「明石鯛」ですその歴史は古く。環境的にも潮流が速いのと、プランクトンやエビ・カニなど鯛のエサが豊富な明石海峡っていう場所でそこで獲れた明石鯛は、さまざまなお魚が回遊しているうちに身が引き締まり美味しくなっていくのです。春先から初夏にかけて水揚げされる明石鯛というのは、姿かたちが美しくて華やかなところから「桜鯛」とも呼ばれてるのです、でも、地元や通の間では実際に食べておいしいのは秋と言われてるんですよ!。それはそのはず、でこのあたりでは、夏にカニやエビを食べて身がふくふく肥え栄養がたっぷりつきそして、脂が乗ってくるからなだそうです。また、 この時の鯛を紅葉鯛とも呼んでいるのですそして そのタコの数が減り今では、「幻の鯛」という時期もありましたが、ここ最近の近年は漁場の環境づくりを整えて復活してきました。明石鯛は不滅の高級ブランドなのです。そしてそんなタコさまの明石鯛にはこんな伝説もあったりします。三木合戦の時、秀吉軍に兵糧攻めにあっていた三木城へ毛利方の卜部安知がコッソリ鮮魚を運んだときに そして城壁の上から「明石鯛」を掲げて見せたので、超びっくり!この時毛利軍が陣を構えていたのが魚住城で、今の大久保町江井ヶ島辺りです、そんなときその秀吉も明石鯛を主君の織田信長に贈っていたとかないとかあるとか昔からその美味しさは有名だったのですね。