兵庫県の特産と名産について

みなさん特産品と名産品の違いってわかりますか。特産品とはある特定の国や地域で産出 されたもをいって。名産品は地域の産品であることが 全国的にもよく知られているものののことをいいます。つまり俗に名物ともいわれるときもありますよね。それは名物というときはその地域の行事や祭りなの特徴をあらわした事象なども含まれている場合がるのです。

和銅6年の諸国の風土記に「産物」を記すべきことが命じられていて 商品というものが発生するとほぼ同時期には地域特産品に相当する概念があったことがしられているんです。そしてそれが経済的な意味を持つようになったのは、この数百年の歴史の中で 特産品開発とそれに伴う販路拡大施策が行われてきました。この時期ころからさまざまな形で展開され現在の名産にいたります。経済産業省、農林水産省など、国の中央がそれらの試みを支援する施策を数多くありそれらのお墨付きをもらうこともひとつのポイントだといえますよね。特色的なのは 販売支援に関する施策があったり、複数の省庁から例えばこのところでは経済産業省の街づくり、村おこし、商品開発や販路開拓等ようやく公的に認知されてきたこともありますよね。さまざまな政策とその地域の特徴をとらえて、歴史的背景なども取り込んで名産品がつくられるのです。